2018年09月17日

函館

9月4日から5日にかけて函館に行ってきました。
といっても観光ではなく仕事でですが・・・・。
函館新幹線に初めて乗りました。仙台からは3時間弱で函館新北斗駅に着きます。近くなったものです。

はやぶさ1号、手前は秋田新幹線。盛岡で分離します。
はやぶさ1号.JPG

新函館北斗駅
函館新北斗駅001.JPG 函館新北斗駅002.JPG

現地でレンタカーを借りたところ、鹿避け笛なるものが付いていました。走行中の風圧がかかることにより笛が鳴り、人間には聞こえない周波数の音が出て、動物を怯えさせないで動きを止めるそうです。北海道は鹿と車の接触事故が多いのだとか、さすがは北海道、広い。
鹿笛002.JPG 鹿笛001.JPG

今回訪問したのは函館七飯スノーパーク様です。
北海道七飯町にあるスキー場ですが、ゴンドラはシーズンオフも営業していて山頂からの眺めは絶景です。
コンドラの山頂駅近くにあるカフェ「PEAKCAFE」では、駒ケ岳が眼前に広がる雄大な景色を見ながらランチを楽しむことができます。
函館七飯ゴンドラ01.JPG

PEAKCAFE01.JPG PEAKCAFE02.JPG

駒ヶ岳001.JPG

二日間の予定を終えて私たちは5日の夜に帰ってきたのですが、翌日朝にテレビをつけると、未明に北海道胆振地方を震源地とした大地震が発生して、大規模な土砂崩れと北海道の広範囲で停電が起きているというニュースが飛び込んできました。
ニュースを見ていて、7年前に起きた東日本大震災と、数日間の停電とガソリン不足で大変な思いをした記憶が蘇りました。と同時に、BCP(事業継続計画)への備えと日頃の訓練の重要性について再認識したところです。

私たちはたった1日違いで帰って来られたのですが、一緒に行った某メーカーの方たちは9月5日も函館に宿泊したので二日ぐらい足止めを食らったそうで、その後何とかフェリーの空席を取ることが出来て地元に帰ってきたそうです。
ライフラインの復旧も進んでいるようですが、被害に遭われた地区の皆様の一日も早い復興をお祈りしています。

地震発生後は道内宿泊施設のキャンセルが相次いで観光が主要産業の北海道経済にとって大きな打撃になりそうだということですが、東日本大震災同様、風評被害による影響も小さくないようです。
函館七飯スノーパーク様も施設の被害は無いということなので、風評に惑わされず、今度は仕事ではなく観光で復興のお手伝いをしたいと思います。
posted by ECO&スマート at 20:38| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする