2016年03月04日

電力小売り全面自由化 Part2

3月2日から4日まで、第2回電力自由化EXPOが東京ビッグサイトで開催されました。
同時に、国際スマートグリッドEXPO、太陽電池展、風力発電展、バイオマス発電展、エコハウス&エコビルディングEXPO、太陽光発電システム施工展、水素・燃料電池展、二次電池展の計八つの展示会&セミナーが開催されるという一大イベントです。
今回の「電力自由化EXPO」は、これから電力小売り事業に参入しようとする事業者やすでに参入している事業者向けの商談会ということもあり、電力調達支援や電力小売り支援に関する展示が多かったようです。

電力自由化EXPO2016-1.JPG 小水力発電.JPG

電力小売り全面自由化まで残り1月を切りましたが、期待されるような効果は得られないのでは?と思います。
短期的には自由競争によって電気料金が下がると思いますが、その後小規模な小売り事業者が淘汰され、長期的には電気料金は上昇するのではないかと・・・・。
さらに、現在は国が料金の上限を定める「料金規制」という制度が適用されていますが、この規制も2020年に廃止される見通しのため、もしかしたら離島や山間部などは同一単価という訳にはいかなくなるかもしれません。
そもそも、電気を多く消費すれぱするほど割引率が大きくなるという新電力各社の単価設定は、エネルギー消費の削減=CO2削減という国の政策に逆行しているように見えるのですが・・・・。

丸の内から見た東京駅          皇居側(奥が皇居)
東京駅2016-01.JPG 東京駅2016-01-2.JPG

東京駅の駅前に広がる地下街
東京駅地下街1.JPG 東京駅地下街2.JPG
posted by ECO&スマート at 23:32| 山形 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

電力小売り全面自由化がもうじきスタートします

いよいよ電力小売り全面自由化開始まで残り1か月を切りました。
昨年の11月から、経産省や地元NPO団体などが主催する説明会に参加したり新電力EXPO2016などの展示会で情報を集めてきましたが、まだすべての新電力会社が料金プランを公表しているわけではないので電力会社を切り替えたほうが良いのか、どこに切り替えたら良いのかなど、まだまだ不明な点が多いです。

(東京ビッグサイト)
東京ビッグサイト2016.JPG

東京ビッグサイト2.JPG

先月上旬には東北電力様をお招きして新料金メニューの社内研修会を開催しましたが、その時点では東北電力さんの社内でもまだ社員向け説明会が行われておらず、新契約メニューの詳細や現行の料金メニューの取り扱いなど細かな点が決まっていないということもあり、不明な点が多々ありました。
3月に入って詳細については徐々に明らかになってきましたが、東北電力さんも新電力会社に対抗するために様々な新料金メニューを出してきており、需要家が選択に迷うような状況になってきています。

関東や関西地区は、電力小売り全面自由化を目前にして既存電力会社と、ガス会社など新電力各社との顧客争奪戦が激しくなってきていますが、東北地区を見る限り東北電力管内への対応を公表している新電力会社は3社ぐらいで選択の余地があまり無く、現時点では電力小売り全面自由化のメリットは少ないようです。
あわてて切り替えると、解約しようとしたときに違約金を取られたりする場合もあるので、しばらくは様子見のほうが良いのかもしれません。
posted by ECO&スマート at 23:45| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする