2014年10月20日

平成26年度 (株)関電工 技術・技能競技大会に出場します。

今週、株式会社関電工人材育成センター(茨城県牛久市)に於いて、技術・技能の強化・継承を目的に「平成26年度 技術・技能競技大会」が開催されます。
当社からは(株)関電工の東北支店代表として今年も選手が出場しますが、その壮行会と予行演習が本日行われました。

模擬演習1.jpg

当社は(株)関電工の東北支店代表として例年出場させていただいており、今年で9回目となります。
昨年は内線部門で第三位を受賞しました。今年こそ優勝を!!。

平成25年度(株)関電工技術・技能競技大会内線部門で「第三位」受賞
posted by ECO&スマート at 23:54| 山形 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

山形版エコ住宅セミナーが開催されました。

「新しい省エネ基準、山形でどう生かすか」と題して、改正省エネ法と山形県内に於ける住宅の省エネ、特に断熱による熱エネルギーの省エネに関するセミナーがヒルズサンピアで開催されました。
会場は80名の制限でしたが参加者が制限数を相当数上回り、住宅の断熱に対する関心の高さがうかがえました。

P1120736.jpg

また、エコ住宅の施工事例として高気密高断熱住宅の事例が紹介されました。
省エネ法はこれまで何度か改正されており、現行の省エネ法は今年の4月から施行されています。
省エネ法で定める数値は単なる基準であり適合していなくとも罰則は無いということですが、2020年からは義務化される見込みということです。
今後は建物についても電気と同様、省エネ性能の見える化が重要になってくるということでした。
山形県では、県産木材を使った住宅のリフォームや再生可能エネルギー発電設備等に補助金を出しており、耐震診断や断熱性能診断なども実施しています。

山形県のエコ住宅
住宅のリフォーム補助制度
posted by ECO&スマート at 23:57| 山形 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

スマートコミュニティ東北2014

地域で創り上げるスマートな社会システム「〜CO2削減、安心安全な環境、地域経済再構築の実現に向けて〜」というテーマで、スマートコミニュティに特化した展示会・セミナーが仙台国際センターで開催されました。
スマートコミュニティとは、地域で使うエネルギーを太陽光などの再生可能エネルギーにより地域で作り出し、ITネットワークでつないでエネルギーを有効活用する次世代の社会システムです。

先月末に北海道電力・四国電力・東北電力の三社が、九州電力に続いて太陽光を中心とする再生可能エネルギーの、系統連系申し込みに対する回答を10月1日から保留すると発表しました。
「固定価格買取制度に基づく全量売電の申し込みの急増により、供給量が需要を超える恐れがあるため」というのが回答保留の理由としており、経済産業省も再生可能エネルギーの導入量を制限する方向に動くようです。
先日東北各地で行なわれた住民説明会では電力会社への不満の声が相次ぎましたが、「このままだと電力需要を供給量が上回る恐れがある」と言われてはどうすることも出来ません。
今後の対応は国の検討委員会による調査結果が出てから判断するということですが、スマートコミュニティが実現できれば、再生可能エネルギーの地域内での有効活用が可能になり、固定価格買取制度も不要になるのではないかと思います。

スマートコミュニティ東北2014
スマートグリッド・スマートコミュニティとは
posted by ECO&スマート at 23:51| 山形 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする