2018年09月17日

函館

9月4日から5日にかけて函館に行ってきました。
といっても観光ではなく仕事でですが・・・・。
函館新幹線に初めて乗りました。仙台からは3時間弱で函館新北斗駅に着きます。近くなったものです。

はやぶさ1号、手前は秋田新幹線。盛岡で分離します。
はやぶさ1号.JPG

新函館北斗駅
函館新北斗駅001.JPG 函館新北斗駅002.JPG

現地でレンタカーを借りたところ、鹿避け笛なるものが付いていました。走行中の風圧がかかることにより笛が鳴り、人間には聞こえない周波数の音が出て、動物を怯えさせないで動きを止めるそうです。北海道は鹿と車の接触事故が多いのだとか、さすがは北海道、広い。
鹿笛002.JPG 鹿笛001.JPG

今回訪問したのは函館七飯スノーパーク様です。
北海道七飯町にあるスキー場ですが、ゴンドラはシーズンオフも営業していて山頂からの眺めは絶景です。
コンドラの山頂駅近くにあるカフェ「PEAKCAFE」では、駒ケ岳が眼前に広がる雄大な景色を見ながらランチを楽しむことができます。
函館七飯ゴンドラ01.JPG

PEAKCAFE01.JPG PEAKCAFE02.JPG

駒ヶ岳001.JPG

二日間の予定を終えて私たちは5日の夜に帰ってきたのですが、翌日朝にテレビをつけると、未明に北海道胆振地方を震源地とした大地震が発生して、大規模な土砂崩れと北海道の広範囲で停電が起きているというニュースが飛び込んできました。
ニュースを見ていて、7年前に起きた東日本大震災と、数日間の停電とガソリン不足で大変な思いをした記憶が蘇りました。と同時に、BCP(事業継続計画)への備えと日頃の訓練の重要性について再認識したところです。

私たちはたった1日違いで帰って来られたのですが、一緒に行った某メーカーの方たちは9月5日も函館に宿泊したので二日ぐらい足止めを食らったそうで、その後何とかフェリーの空席を取ることが出来て地元に帰ってきたそうです。
ライフラインの復旧も進んでいるようですが、被害に遭われた地区の皆様の一日も早い復興をお祈りしています。

地震発生後は道内宿泊施設のキャンセルが相次いで観光が主要産業の北海道経済にとって大きな打撃になりそうだということですが、東日本大震災同様、風評被害による影響も小さくないようです。
函館七飯スノーパーク様も施設の被害は無いということなので、風評に惑わされず、今度は仕事ではなく観光で復興のお手伝いをしたいと思います。
posted by ECO&スマート at 20:38| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

建築設備設計基準が改定されました。

建築設備設計基準とは、国土交通省官庁営繕部及び地方整備局等営繕部が官庁施設の整備を行うための基準として制定したもので、官庁施設の電気・空調・給排水衛生設備の設計において基本的性能の水準を確保することを目的に標準的な設計手法を定めたものです。
この基準は官庁施設を対象としていますが、民間施設の建築設備を設計する場合においても、品質・性能の確保、設計業務の効率化、建設コストの縮減等に有効かつ参考になるため、当社では官民問わず活用しています。

国土交通省では、最新の技術的知見を反映するために3年ごとの定期改定を行うことにしており、旧版(27年度版)から3年後の今年3月に基準が改定されました。
この改定を受けて「建築設備設計基準 平成30年度版」が7月に発行され、先月から全国主要都市で講習会が開催されていますが、仙台では8月31日(金)に開催され、当社からも7名参加し受講してきました。

大きく変わった所では、蛍光灯や水銀灯が廃止されて非常照明の一部を除いて照明器具はLED照明のみになったこと、4K,8K受信設備に関する部分が増えたこと、電動機はトップランナーモーターを標準にしていることなど、省エネや最新の技術を反映した内容になっています。

当社では、この基準に基づき設計計算書を作成して設計や現場管理業務に活用していますが、講習会の説明では計算書様式が旧版の倍近い枚数になるようです。
詳細は今後発行される予定の「建築設備設計計算書作成の手引き」を見てみないとわかりませんが、枚数が増えることで計算書作成が大変になるのではという思いと、どういう書式になるのかという期待が入り交じり、手引きの発行を待っているところです。
posted by ECO&スマート at 23:09| 山形 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

初めての北陸金沢

一昨日の29日(水)、仕事で石川県金沢市に行ってきました。私自身は金沢に行くのは今回が初めてです。
第一印象は・・・・とにかく遠い。
幹線道路には中央に消雪用散水栓か設置されていて、いかに雪が多いかを物語っています。

今回の目的は金沢市にあるSPDメーカーの「森長電子株式会社」への訪問です。
当社のお客様から雷害対策のご依頼があったのですが、対策の提案を行う前に雷害防止には絶対の自信を持っている同社を訪問し、実際どれだけの効果があるのかこの目で確かめたかったからです。

同社を訪問し早速SPDの実証実験を見せていただきました。

SPD試験1.JPG

SPD試験2.JPG

SPD試験3.JPG

実験結果は・・・・

他社の製品と比較すると見た目はごつくて価格は高価ですが、他社のSPDは気休め?と思わざるを得ないほど同社のSPDは効果絶大でした。

金沢駅に着いたときは訪問先の関係で駅の西口から出たので気付かなかったのですが、東口には高さ13.7mもある鼓の形を模した木造の門があります。伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をイメージして作られたのだとか。
北陸新幹線の開業に合わせてリニューアルされた金沢駅も見事ですが、「おもてなしの心」をあらわしているこの鼓門も見事でした。

金沢駅01.JPG

金沢駅02.JPG

今回は仕事で来ていたため金沢はとんぼ返りになってしまいましたが、次回はプライベートで訪れて21世紀美術館や兼六園をゆっくり回ってみたいと思います。
posted by ECO&スマート at 23:12| 山形 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

経済産業省の平成30年度施策説明会が県内各地で開催されています。

経済産業省の平成30年度施策説明会が先月末から来月にかけて東北各県で開催されています。
山形県でも先月末から今月中下旬にかけて開催されており、天童市では1月31日、山形市では2月13日に開催されました。

いずれも東北経済産業局の山形県サポーターの方々が、主に県内の中小企業に対する経営支援や省エネ支援、各種補助制度、税制優遇措置などについて制度の利用促進を図るべく、内容の説明を行っています。
特に、省エネ対策に関する補助制度は国の2030年度温室効果ガス削減目標に基づいて行われているということで、2030年度までは何らかの形で現在の補助制度と似たようなものが続くのではないか、ということです。

また、先週は国土交通省による「建築物省エネ法」説明会が開催されました。
この法律は昨年の4月に施行され、一定規模以上の建築物を新築・増改築する際は、省エネ基準への適合義務や省エネ計画の届出義務を課すものです。

今年も昨年同様、省エネ対策支援の他にも様々な補助金制度の公募が予想されるので、速やかに情報を集めてお客様の省エネ対策の支援を行っていきます。
posted by ECO&スマート at 23:24| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

桜が満開

会社の桜が満開です!!
今年はなかなか気温が上がらず、4月になっても肌寒い日が続いていました。
桜の開花も遅れていましたが、16日の日曜日は晴天で気温も上がり、一気に咲いたという感じです。
月曜日は強風が吹き荒れましたが散らずに済んだようです。
ようやく春が来ました。

DSC00733-2 (2).JPG
posted by ECO&スマート at 23:59| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

建築物省エネ法がスタートしました。

4月1日から「建築物省エネ法による省エネ基準の適合義務化」がスタートしました。
2000u以上の非住宅を新築または増改築する場合、建築物の省エネ性能について従来は届出義務のみだったものが、建築物省エネ法への適合義務が発生します。
さらに、完成時には適合検査を受けなければなりません。
建築物省エネ法の基準に適合させるため、断熱性能の高い外皮や高効率空調設備、高効率給湯設備などの導入が求められます。
先月の22日には、目黒雅叙園に於いて日経BP社主催の建築物省エネ法に関するセミナー&パネルディスカッションが行われました。

目黒雅叙園1.JPG

目黒雅叙園2.JPG 目黒雅叙園3.JPG
posted by ECO&スマート at 17:57| 山形 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

また新たな一年が始まりました。

新年あけましておめでとうございます。
言い訳がましいのですが、昨年の春ごろから群馬県のスキー場の工事に関わっていまして、なかなかブログの更新ができませんでした。この場をお借りしてお詫びいたします。
今後もできるだけ面白い情報を提供していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
群馬県に行った時のお話については、また改めてお伝えしていきます。

2017元旦1.JPG

さて、今年は十二支の十番目、酉年です。
商売に縁起の良いとされていますが、申年と酉年は騒ぐとも言われます。
東京オリンピックを3年後に控えて経済や産業はどうなるのか気になるところです。
さらに、アメリカの動向も非常に気になります。
大いに発展する年になってくれれば良いのですが・・・・。

posted by ECO&スマート at 20:19| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

社内技能競技大会2016

先週の土曜日、恒例の社内技能競技大会が行われました。
参加選手は入社2〜3年目の若手社員が対象です。

2016技能競技大会1.JPG 2016技能競技大会2.JPG

優勝したのは入社2年目の社員です。
昔の電気工事士は、1人前になるには5年必要と言われていましたが、今は2〜3年で一人前です。世の中も相当スピードアップしています。
posted by ECO&スマート at 22:42| 山形 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

電力小売り全面自由化 Part2

3月2日から4日まで、第2回電力自由化EXPOが東京ビッグサイトで開催されました。
同時に、国際スマートグリッドEXPO、太陽電池展、風力発電展、バイオマス発電展、エコハウス&エコビルディングEXPO、太陽光発電システム施工展、水素・燃料電池展、二次電池展の計八つの展示会&セミナーが開催されるという一大イベントです。
今回の「電力自由化EXPO」は、これから電力小売り事業に参入しようとする事業者やすでに参入している事業者向けの商談会ということもあり、電力調達支援や電力小売り支援に関する展示が多かったようです。

電力自由化EXPO2016-1.JPG 小水力発電.JPG

電力小売り全面自由化まで残り1月を切りましたが、期待されるような効果は得られないのでは?と思います。
短期的には自由競争によって電気料金が下がると思いますが、その後小規模な小売り事業者が淘汰され、長期的には電気料金は上昇するのではないかと・・・・。
さらに、現在は国が料金の上限を定める「料金規制」という制度が適用されていますが、この規制も2020年に廃止される見通しのため、もしかしたら離島や山間部などは同一単価という訳にはいかなくなるかもしれません。
そもそも、電気を多く消費すれぱするほど割引率が大きくなるという新電力各社の単価設定は、エネルギー消費の削減=CO2削減という国の政策に逆行しているように見えるのですが・・・・。

丸の内から見た東京駅          皇居側(奥が皇居)
東京駅2016-01.JPG 東京駅2016-01-2.JPG

東京駅の駅前に広がる地下街
東京駅地下街1.JPG 東京駅地下街2.JPG
posted by ECO&スマート at 23:32| 山形 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

電力小売り全面自由化がもうじきスタートします

いよいよ電力小売り全面自由化開始まで残り1か月を切りました。
昨年の11月から、経産省や地元NPO団体などが主催する説明会に参加したり新電力EXPO2016などの展示会で情報を集めてきましたが、まだすべての新電力会社が料金プランを公表しているわけではないので電力会社を切り替えたほうが良いのか、どこに切り替えたら良いのかなど、まだまだ不明な点が多いです。

(東京ビッグサイト)
東京ビッグサイト2016.JPG

東京ビッグサイト2.JPG

先月上旬には東北電力様をお招きして新料金メニューの社内研修会を開催しましたが、その時点では東北電力さんの社内でもまだ社員向け説明会が行われておらず、新契約メニューの詳細や現行の料金メニューの取り扱いなど細かな点が決まっていないということもあり、不明な点が多々ありました。
3月に入って詳細については徐々に明らかになってきましたが、東北電力さんも新電力会社に対抗するために様々な新料金メニューを出してきており、需要家が選択に迷うような状況になってきています。

関東や関西地区は、電力小売り全面自由化を目前にして既存電力会社と、ガス会社など新電力各社との顧客争奪戦が激しくなってきていますが、東北地区を見る限り東北電力管内への対応を公表している新電力会社は3社ぐらいで選択の余地があまり無く、現時点では電力小売り全面自由化のメリットは少ないようです。
あわてて切り替えると、解約しようとしたときに違約金を取られたりする場合もあるので、しばらくは様子見のほうが良いのかもしれません。
posted by ECO&スマート at 23:45| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする